ご挨拶

ファインチューニングという言葉があります。『ファインチューニングとは、各部の細かいパーツなどを微調整することにより、クルマのポテンシャルを最大限に引き出すチューニング』のことらしいです。クルマだけでなく、ディープラーニングモデルにも似たような感じの意味合いでファインチューニングが存在します。
何れにしても、大がかりな改造でなく、後戻りのできそうな(後戻りコストが少なそうな)小さな改造の積み重ねといったところなのでしょうか。

IT導入においても、何かをよりよくしたいと思った時、このような考え方が合っているように思います。いきなりゴールを目指す必要はないのでは無いでしょうか?
むしろ、小さな改善を積み重ね、改善の成果を確かめながらゴールを目指していく方が良いのでは?(ヤバけりゃ、途中でやめたらいい)

お客様からお話をお伺いしていると、『ITの導入はお金がかかるから二の足を踏んでしまう』、『導入したはいいけど、楽になった実感はないけど。本当に投資に見合った効果はあるのか?』といった声が多い印象を受けております。
また、システムを導入したものの、『自分達の業務に合わなすぎる』ということから、やむなくシステムの見直しをされるお客様もおられます。

これまで、様々なお客様からのご意見をお聞きしているうちに、ITを活用して業務を効率化することも、ファインチューニング的な考え方ですすめることが失敗しないやり方ではないのかと思いいたりました。

例えば、業務改善系のシステム開発においても、最初から素晴らしいものを目指し、全部載せの機能構築は目指しません。全部載せは第2ステップ以降です。
まずは必要最小限のものを実現していきます。(最終目標は意識したうえで、業務プロセスに対する機能実現はせず人間が補完するレベルでの実現)
少々不便を感じながらでも使い込むうちに、本当に必要な機能も見えてくるはずです。工夫することろは工夫し、そのうえでシステムに手を入れて最適化していっても決して無駄では無いと思います。
一見、回り道(ムダな開発コストが発生)が多いように思えます。
ですが、蓋を開ければより少ない投資でゴールできるのではないかと考えます。

まずは、まわりの業務を見直し、改善できるところは改善する。
そのうえで、必要最小限でコツコツとIT導入を考えていく。
Fソリューションでは、小さな改善でコツコツ(ファインチューニング思考)をモットーにお客様の悩みに向き合い、ともに課題を克服していくことを心掛けています。

オフィス概要

名称Fソリューション
所在地〒600-8813
京都市下京区中堂寺南町134 アステム棟8F
代表者深瀬昌之
開業日2014年6月1日
電話番号090-1484-8457

主なビジネス領域

システムコンサルティング経営課題解決のためのIT戦略策定支援
業務改善支援(業務分析、改善案策定)
ITを活用した新規ビジネス構築支援ビジネスモデル企画支援
構築支援(仕様作成、RFP作成、開発管理)
ソフトウェア開発支援要件定義作成支援
プロジェクトマネージメント業務支援
開発者人材育成支援
その他VBAによる部分的な業務の自動化
極力ITを使わない課題解決支援
ホームページ制作支援 など

アクセス